詩編(1)



我は宣言する。

終末の刻はまもなく来たれり。来たレリ。
新たな審判は既に下リヌ。
新しきシステムを持ちて布教の火をともし、過去にツカエし者に滅ビを与えん。

見エルカ、ロールプレイの使徒たちヨ?
汝らが愛スル「ロールプレイ志向」が、この地上にもたらした暗雲ヲ。

見エルカ、新しきゲームの信徒たちヨ?
汝らが愛スル「ロールプレイ志向」が、この地上にもたらした暗雲ヲ。

 汝ラニハ、この高イ地層ガ見エナイのか?
 今我々が立つ、この堆い《ちそう》。
 この世界を長らく栄えサセヨウと戦イ、憤死したTRPGプレイヤー。
 我らはこの《ちそう》の上に立チRPGを遊ブ。
 我らは《ユーザー層》の上デ今日も虚空を演ジル。過去のゲーマーを踏ミ締メテ。

見エルカ、システムに人間関係ヲもたらしたロールプレイの使徒たちヨ?
汝らが愛スル「ロールプレイ志向」が、この地上にもたらした暗雲ヲ。

見エルカ、新しき趣向にタダ飛び付クだけのゲームの信徒たちヨ?
汝らが愛スル「ロールプレイ志向」が、この地上にもたらした暗雲ヲ。

 汝ラニハ、足下ニシタ叫ビが見エナイのか?
 RPG世界を囲い込む、不気味な《かべ》。
 ユーザーを異界に逃さないタメニ、憤死したユーザー層の上にさらに立テラレタ《サポートの壁》。

 我らは未だ生まれぬ卵。生マレても育ッテも、壁カラは出ラレナイ。

ロールプレイ指向とは何か?
ロールプレイとサポートの位置関係が不明。
複数の錯綜が混在しているのか?
作者の立場は?
節ごとの意図が不明。

ロールプレイの力を持たぬ種は、来たりし妄想に喰われて、滅びの道を辿るのみ。
ロールプレイの術を知らぬ種は、襲いくる幻滅に焼かれて、滅びの道を辿るのみ。


戻る
GO HOME!