実際にミニチュアを組み立てて塗装仕上げするまでを、順を追ってご紹介します。


これは30年以上前に発売された、英雄コナンシリーズのミニチュアです。観賞用なので、ゲーム用のミニチュアよりも大きめに作られています。昔のミニチュアは、こうやって一個ずつブリスターに入った形で販売されていました(今でも見ることができます)。


ブリスターを開けました。上半身、下半身、剣を握る手、剣の鞘の4ピース構成です。


古いモデルなので、結構多めにパーティングラインやバリが目立ちます。これを針やすりやカッターナイフなどで削って修正していき、最後に全体を真鍮ブラシで磨きます。真鍮ブラシをかけると表面がピカピカになって輝いてきます。


接続面にピンバイスで穴を開け、真鍮線を介して瞬間接着剤で接着します。その前に足元の裏側(立地面)が波打っていたので、大型の棒やすりで削って均しておきました。


完全に固着したら、塗料の食い付きを良くするために下塗りをします。全体に金属塗装用のメタルプライマー・スプレーを吹き付け、乾燥したら次に灰色の缶スプレーを吹き付けます。乾燥前に触ったので少し禿げてしまいました。これでディテールが良く分かってきました。


メインとなる肌色を塗ります。今回使用したのはイギリス製のミニチュア専用塗料です。水性塗料なので安全性が高いのと、発色の良さが売りなのですが、いかんせん舶来物なので少々高いです…。


筋肉の影の部分を表現するため、暗めの肌色を全体に流し込みます。これで筋肉の凹凸がはっきりしてきました。


光が当たる部分にハイライトとして明るい肌色を入れます。これで筋骨隆々とした肉体が表現できました。髪の毛が黒では味気ないので、暗いブラウンを塗っています。


髪の毛のシャドウとして黒を塗りつけてトーンを落とします。腰蓑を塗りました。


腕輪、剣、ベルト、首かけなどの細かい部分を塗っていきます。画像では写っていませんが剣の鞘も別に塗って仕上げ、後から接着します。


ここでは主にブーツを塗装します。さらに細かい部分を細筆で塗っていき、最後に剣の鞘を接着します。


完成!



今回の製作期間は約2日間でした。
細かいディテールが少なく、それほど色を塗り分ける必要がなかったからかもしれません。


今回ペイントに使用した塗料です。イギリス製のミニチュア用塗料です。品質も発色もいいのですが、1色400円と高いのが難点です。
筆です。これもイギリス製だったり国産だったり、いろいろな筆を使っています。イギリス製は頻繁に製品の改良があるので大変です。

★戻る