隠密突撃隊の概要

隠密突撃隊は、テーブルトーク・ロールプレイングゲーム(以下TRPG)をメインに活動するエセ創作チームです。
基本的にはstealth個人を中心とした活動を行っています。


沿革
(過去の履歴は一部粉飾・湮滅していることがあります)


1991.5STEALTH-STOMACHS(暗黒腹部社)として創立。
都立某高校の身内向けに個人紙を発行する。これは約1年続いた。
1992.7初のTRPGコンベンションを江戸川区にて開催。
1992.102ndCON「卓上の甚六」を恵比寿にて開催。
1993.22.63rdCON「卓上の甚八」を豊洲にて開催。
1993.43rdCON「人生最大のファンブル」を原宿にて開催。
1993.7初のリソグラフ刷り同人誌を発行。
1993.104thCON「神が贈る混沌」を豊洲にて開催。
1994.5ETECとの合同コンベンションを5thCONとして開催。
1994.10 6thCON「てのひら幻想会」を恵比寿にて開催。
1994.11初のオフセット同人誌「RPG裏マーフィーの法則不完全版」を発行。
1994.12D&Dオンリーイベント「Dungeons&Dragons Festival」にスタッフ参加。
99年まで続いた。
1995.8同人誌代表作「TRPG悪魔の辞典」初版発行。
1995.107thCON「金属復興」を豊洲にて開催。
1996.8「TRPG悪魔の辞典96」を発行。サークル名を現在の「隠密突撃隊」に変更。
1996.10「金属復興ver.2」を豊洲にて開催。
1996.12コミックマーケットに初のサークル参加。「The Tabletalk Jokebook」発行。
1997.5スーパーコミックシティに初のサークル参加。2000年まで続く。
「The Tabletalk Jokebook volume 2」を発行。
1997.8 「私が愛したテーブルトーク」発行。
1997.12 「男の子だってRPGしたいんだもん!」発行。
1998.3渋谷から川崎に転居。
1998.8 「TRPG悪魔の辞典WORST」発行。
1998.9間借りホームページ開設。
1998.12 「ファンタジーRPG約100の非常識」発行。
1999.2自前のwebサイトを運用開始。
1999.8「深淵用誤辞典」発行。
2000.8「RPG標準悶題集」発行。
2000.12「もっとどうなってもRPGが好き!」発行。
2001.3ゲームマーケットに初のサークル参加。
2001.8「TRPG悪魔の辞典MILD」発行。
2002.8「ゲームサークルのカラクリ」発行。

現在の活動

1:RPGコンベンションへの参加
 都心周辺のコンベンションによく参加しています(頻度は減りましたが…)。D&Dや深淵のゲームマスターを務めることもあります。

2:RPGコンベンションの開催(休止中)
1992年から、不定期にRPGコンベンションを開催していました。方針としては「人がやらないコンベンション」を開催しよう、というものでした。普通のサークルなら怖がって手を出したがらない内容のものを開いてきました。「マイナーゲーム」「メタルミニチュア」などを題材に取り上げ、過去9回の開催実績があります。多忙のため現在は開催を休止しています。

3:TRPG同人誌の発行
 現在の主たる活動です。94年に始めてオフセット同人誌を発行して以来、どういう訳かカルトな人気を博しています。特徴としては次の3点をご覧ください。

*数少ないブラックパロディ同人誌サークルである
 RPG同人というと、大抵はリプレイか追加オリジナル設定集というのが相場ですが、当出版局はゲームシステムに依存した本ではなく、RPGを取り巻く環境全体をパロディにして遊ぶ同人誌を発行している数少ない(唯一?)サークルです。よく聞かれるのですが、当方には業界関係者とのつながりは一切ありません、よってメーカーの危険情報も書いたことはありません。ご安心ください。

*内容に見合わない美しい印刷
 当出版局の本にはほとんどイラストが入りませんが、だからこそ、シンプルで読みやすいレイアウトを心掛けています。また、印刷は長年評判の高い、業界最高レベルの印刷会社に発注。96年からは印刷所を変更、マットインクを使ったギラツキのない本文印刷で、さらに読みやすくなりました。
 書く人や読む人のためには、できるだけ質の高い印刷にしたいと考えています。

 
隠密突撃隊は、これからも気に入ったことだけを好き勝手にやっていくと思います。
ですから、近くで見掛けても石なんか投げないで下さい。お願いします。


戻る