黄の野槌

変化とは、しばしば醜きものなり。
特に安寧を望む者には苛烈なり。


 繰り返し表現する、「リフレイン」と呼ばれる技法があります。
 最初にみた夢。
 始めに写る印象。
 しばしば焼き付いたかのように蘇る、あの時の光景。
 事があるごとに、何度も何度も蘇ってくる。
 始めに見た光景を繰り返す事で、印象をより強くすることができます。
 夢歩きでは夢を見ているキャラクターのプレイヤーが自分で夢をコントロールするともできますので(その気になれば縁故を持っている他のキャラクターが入ってくることもできます)、最初は不確定な要素が多い夢だったとしても、キャラクターが肉付けしていって核心的なものにするのが普通です。
 また、逆もあります。
 最初に見た時ははっきりしていった夢が、時間が経つにつれて、ぼんやりしたものに変わっていく。
 強い意志や絶対的な目標を持っていたキャラクターに揺さぶりを掛ける時に有効となるでしょう。
 迷いが見えるものに指針を与え、迷いなき力に一点を穿つ夢。
 そして、その夢は、本当にあなたが全て自分で見た夢だったのでしょうか…?

* * *

 麦が黄金の穂を揺らす収穫の秋。
 畑の中で、農夫ラークは刈り取りの準備に追われていた。
 家の中では、愛妻ミリアが今まで使っていた農具の片付けを手伝っていた。
 夜になり、強い秋雨が辺りを流し続ける。
 この雨で、せっかくの実りが駄目にならなければ良いが…。
 ますます強くなる雨、ますます大きくなる雨音。
 夕食を終えたミリアの腕が、微かに震えていた。
 「ミリア…どうした」
 ラークの両手がミリアの左手を優しく包み込む。
 その手は熱かった。
 「風邪を引いたのか?」
 その顔は血の気が少し引いているようにも見える。
 「………」
 椅子から立ち上がったラークは、ミリアをゆっくりを立ち上がらせていく。
 「立てるか?」
 「…うん」
 言葉とは裏腹に、ミリアの足腰はふらふらだった。
 「無理をするな、ほら」
 ラークの腕が、愛妻を軽々と抱える。
 農作業が生業の男にとって、これくらいは負担にもならない。
 奥の部屋まで運ぶ。
 寝床にゆっくりと下ろされるミリア。
 「熱いぞ…しばらくは手伝わなくて良いから、ゆっくり寝るんだ」
 ラークの腕が、ミリアの体を離れようとする。
 だが、ミリアの腕が、ラークの首を回り込んでくる。
 「…怖いの」
 首に回された手が、二人の顔を近付けようとする。
 「風邪じゃないの…でも、とても怖い」
 「どう怖いんだ?」
 「わからない。でも、何かが来る、とても怖い何か…」
 ラークに触れているミリアの全身が震えている。
 そして、紙の生え際からは大粒の冷汗が今にも落ちそうな大きさ。
 「もう言うな…」
 ミリアから離れようとしていたラークの両腕が、再びミリアの柔肌に密着する。
 腕を回されていた首が腕の動きに従って、二人を近付けていく。
 やがて、灯の油がなくなった。

* * *

   刈り取りが終わった収穫の秋。
 畑の中で、刈り取った麦を連接棍で脱穀するラーク。
 家の中では、愛妻ミリアがパンを焼く為の粉を挽いている。
 ごりごりごり。
 粉を挽く石臼の音が、遠くラークの耳にも届いている。
 やがて、石臼の音は止まる。
 粉を挽き終わったのであろうか、ミリアがラークのもとに小走りでやってくる。
 「ラーク、ほら!穫れた最初の麦で挽いた粉!」
 粉袋を開き、二人が艶色と手触りを確かめる。
 その表情は満足そのもの。
 「今年も良い麦になったな」
 「明日はこれでパンを焼きましょう!」
 ごりごりごり。
 誰もいないはずの家から、石臼を回す音がする。
 ごりごりごり。
 誰が?
 急ぎ家に戻るラーク。
 そこには、石臼を回して麦を挽く、いつものミリアの姿があった。
 (なら、さっきのは?)
 振り返った視線の先には、秋晴れの開轄地。
 (さっきのミリアは…ミリアなのか?)
 「どうしたの?」
 ミリアの声。
 再び体が家に向く。
 「腕が痛くなっちゃったから、代わって?」
 「…あ、ああ」
 ミリアに代わり、石臼を挽くラーク。
 ごりごりごり。
 両腕で臼を回しながら、ラークの視線はミリアを注視し続ける。
 「どうしたの?私に何か付いてる?」
 「なぁ…ミリア…」

   お前は…

 はっ。
 そこでラークは目が覚めた。
 背中全体に冷汗が流れていたようだ。
 雨音はまだ続いている。
 体を起こそうとしたが、ミリアが腕をラークの首に巻き付けたまま、熱い体の半分近くが被さっている。
 『離れてほしくない』と言っているかのよう。
 うっ…うっ…
 微かに、ミリアの泣き声が聞こえる。
 「ミリア…何があったんだ…」
 しばらく後、か細く、うなされるような声があった。
 「来る…来る…」
 「教えてくれ、何が来るんだ」
 ラークがミリアの肩を何度も揺らす。
 だが、それ以上声は出なかった。
 ミリアの体は少し落ち着いたようだ。
 逆に、ラークの心は不安に満ちていた。

* * *

 収穫を終えた麦畑が、春への眠りにつく晩秋。
 畑の中で、ラークは畑の土に藁をかぶせる作業をしていた。
 家の中では、愛妻ミリアが揺り椅子に揺られていた。
 ミリアのお腹には、大きく育った赤ん坊がいた。
 まだ見ぬ我が子の為、冬を暖かく過ごせる服を編んでいる。
 畑仕事が終わり、家に戻るラーク。
 暖炉の暖かい灯に照らされたミリアが、重い体を優しく気遣うように立ち上がる。
 「っとと、無理をするな、もうすぐなんだぞ」
 ラークが慌ててミリアの体をおさえる。
 その時。
 「ラーク…」
 ラークの背後から、紛れもなくミリアの声がした。
 正面のミリアは、紛れもなく本物のミリアだ。
 だとしたら、後ろは…
 「ラーク…」
 ラークは意を決して後ろを向いた。
 「お前は誰だ!」
 大喝した先にいたのも、紛れもなくミリア。
 顔、体型、服、大きな腹、寸分違わぬ『ミリア』。
 「来た…」
 ラークの背後にいるミリアが、背中越しに縮こまっていく。
 正面の『ミリア』が、ゆっくりとラークのもとに歩み寄っていく。
 「ラーク…どうしたの?私よ。何でそんな怖い顔をするの?」
 違う。
 本物はここにいる。
 俺のミリアは、今背中で小さくなっている。
 だとしたら。
 「違う。お前はミリアじゃない」
 「ねぇ、いつものように、外に出ましょうよ」
 『ミリア』が差し延べる手には指一つ触れず、ラークはありったけの声を放つ。
 「おまえは偽者だー!」

   「おまえは偽者だー!」
 きゃっ。
 耳をつんざく音と、ミリアの驚嘆。
 ラークは、それが自分で本当に絶叫していたことに気付かなかった。
 「す、すまない、ミリア」
 「私は、偽者じゃない…私は、本当の…本物の私?」
 外では雨が降りしきる、家の暗闇の中、堅く結ばれた男女が互いを探しあう。
 手探りで確かめあう二人。
 ラークの熱い胸板、大きな背中、たくましい腕。
 ミリアの柔肌、滑らかな腰つき、そして優しい温もり。
 そう、そこにいるのは、紛れもなく、本物のミリアだ。

 どんどん。
 二人とも今度こそ安心して眠りにつこうとする時、雨音とは違う音がドアを叩いた。
 どんどん。
 「この中に人はあらんか?」
 どうも急を要するようだ。
 「何者だ!」
 「我らは『収穫者』と申す。この村はまもなく戦場となる。急ぎ支度されよ!」
 戦場?
 誰が、この雨の中で?
 「来る…今度こそ…やって来るの!」
 ミリアが再び声を荒げた。
 「分かった」
 もう躊躇はない。
 納屋から馬と合羽を出し、夜長の寒さをしのぐありったけの服をミリアに着せる。
 ラークとミリアが外に出た時には、白い装束の男達3人が鎌槍を持って二人を護っていた。
 「北へ行かれよ」
 ぱんっぱんっ。
 男に言われた通り、二人を乗せた馬は北に走り出した。

 ミリアに何があったのか?
 あの偽者は何だったのか?
 あの男達と、誰が、雨の中に戦を交えるのか?
 家の畑。
 穫れた麦。
 卵をくれる雌鶏。
 そして平和な生活。
 一体、何がどうなっているのか。
 なぜ、多くのものを一瞬にして捨てなければならないのか。
 でも。
 全てを失った訳ではない。
 ラークの後ろには、最愛のミリアがいる。
 この冷たい雨の中でも、ミリアがつかまっている背中は暖かい。
 草原の中を、ひたすら北に走ること一刻。
 雨が止むと共に、朝が来た。
 馬を止めて降りる二人。
 「あの夢は…何だったんだ?何を見ていたんだ?」
 「分からない…」
 「分からないならそのままでいいんだ」
 まだ多くの言葉が出そうにないミリアを優しく抱きしめる。
 二人の口がそっと触れた。

* * *

 新しい土地での出発。
 麦が黄金の穂を揺らす収穫の秋。
 畑の中で、農夫ラークは刈り取りの準備に追われていた。
 家の中では、愛妻ミリアが揺り椅子に揺られていた。
 ミリアのお腹には、大きく育った赤ん坊がいた。
 まだ見ぬ我が子の為、冬を暖かく過ごせる服を編んでいる。
 「ラーク…」
 「ん?」
 「この子、ラークにそっくりの農夫になりそう」
 「そうか、でもなぜ?」
 「この子、ラークが仕事をする音に合わせて、私を蹴ってくるの…」

変化とは、しばしば醜きものなり。
特に安寧を望む者には苛烈なり。



戻る
夢の終わり