青の通火

己の臆病さを恥じるな。
慎重さこそ汝の命を救うだろう。


 村外れの森に、男と女がいた。
 女は村の外を向いていた。
 男は女の背中に向いていた。
 二人の視線の先には、まだ昼間の熱が残る夜があった。
 虫達の響き合う音は、夏を追い出す行進曲のようだった。
「こんな所に呼び出してごめんなさい。あなたには大事な話があるの」
 女は男に背を向けたまま、うつむき加減で話を持ち出した。
 男には、それが先日の誘いの答えであることが分かっていた。
「なんだい?こっち向いたら?」
 男は距離を詰めず、優しく問うた。
「私、あなたのことをね、村でいろいろ教えてもらったり、面白い話とかしてくれたり、だから、尊敬しているし、好きよ」
「ありがとう」
「…でも、私はあなたの恋人にはなれない。だから、そういう付き合いはできないわ」
「僕のことが好きなんだろ?だったら、なぜ?」
「そういう『好き』じゃないの。好意はあるわ。でも、あなたには愛情を注げない」
 女の肩は震えていた。緊張からくることなのか、辛いことを告げなければならないことからなのかは分からないが、その背中は泣いているようにも見えた。
 だが、女の口から出る、その声はあくまでも貴丈だった。
 はっきり、しっかりと伝えなければ。
 そう心に決めたのだから。

 男には意味が分からなかった。
 好きなのに、どうして付き合ってくれないのか。
 他に男がいるのか?そんなことは関係ない。
 家庭の事情があるのか?それなら手助けができる。
 じゃあ、なぜ?
「じゃあ、なぜ?」
 男の心と、口が直結していた。思ったことが直接口に出てしまうほど、男は緊張していた。下手なことを考えると、そのまま行動に出てしまいかねない位に。
 でも、心は、正面の先にある、女の背中を見つめることにしか向いていない。背中は、どんどん小さくなっていくようにも見えた。
 二人の距離は変わらない。だが、夜の帳と虫の声、そして、辺りを舞い始めた通火の灯が、二人の距離をぐんぐん話しているように、男の目には写っていた。
「行かないでくれ」
「…行かないで」
 女の緊張は男のそれと同じだった。
 押しつぶされそうなプレッシャー。頭から出てきた言葉が、頭の中でぐるぐると渦を巻き、口から出ようとしない。
 言ってしまえば楽なのに。
 言ってしまえば済んでしまうことなのに。
 でも、言えない。
 言ってしまうと、あの人は本当に離れてしまうから。

 二人の間にも、通火が集まり始めていた。
 通火の群れが、緊張で動かない男と女の周囲を舞う。
 小さな体から、淡い緑色の光を放ち、光跡が残像を作る。
 二人の心をつなぐような、何本もの、小さな、緑の光線。

 緊張の呪縛から抜け出したのは、男からだった。
 「君が、好きだったんだ」
 心で思ったことが、すぐに口から滑り出てしまった。
 普段、この言葉を言うのにはかなりの勇気を必要とするのに。
 右足が、滑り出た。ついで、左足も。
 音もなく、虫の声を壊さぬまま。
 通火の光が編み上げた、二人の心をつなぐ緑の束をたどるように。
 男は、黄色のベールに身を包んだ女の背後に導かれた。
 肩で大きく息を吸い、何とか正気を保っていそうな女。
 その背中へ、もう一度。
 裏表のない、一点の曇りもない、飾り気すらもない、心からの言葉。
 「君が、好きだったんだ」
 滑りでた言葉ではない。今度こそは、意思を持った言葉だった。

 「嬉しい………でも、だめ」
 感謝と落胆の双方が含まれた言葉だった。
 好意を持った男から『好き』といわれたことへの感謝。
 と同時に、自分が愛されることで、これから起こり得る災厄。
 女も本気だった。
 「なぜ?…何で?」
 男にはまだ理由が分からない。
 複雑と言われる女心か。
 否。
 「分かっていたの」
 分かっていた。好かれていたのを。
 違う。
 『見えていた』のだ。
 「分かっていたわ。あなたが、私を好きになっていたのも。夜中にこの村を出て、自由の国ダリンゴースで小さな店をやろうと考えていたのも。そして、いつか国元の親を呼び寄せようということも」
 「そこまで知っていたのか。なら、僕と一緒に来てくれないか?」
 「そういうと思っていた………違う。そういうと『分かっていた』」
 分かっていた。
 女には、自分がどんな男に好かれ、どんな出会いをして、どんな将来になるかが、分かっていた。
 『将来を見て、人々を導く』通火座の幻視そのものだった。
 将来何が起きて、好かれた相手がどうなるかも、全て察知していたのだ。
 だから、愛せない。
 愛してしまうと、私以上に、あの人に災厄が降り注いでしまうから。
 あなたは、私の為に、命を落としてしまう。
 そして、あなたをなくしてしまったら、私は盲目になってしまう。
 「知っているのなら、教えてくれないか?僕はこの先どうなる?」
 「…言えない」
 知っているのに。
 告げても、告げなくても、あなたを落胆させてしまう。
 「言っていいよ。君の口から告げられるのなら、どんな事でも受け止められるから」
 それも分かっていた。
 あなたは私の全てを受け止めてくれる。
 でも、私はあなたに全てを告げる事ができない。

 女は、長年そのジレンマに悩まされていた。
 女の右目は、虹色に輝く瞳を持っていた。
 虹色の瞳が、蔑みの対象になっていた。
 次々と的中する予感が、恐怖の対象にもなっていた。
 誰も、彼女に近寄らなかった。

 「駄目…言えない…あなたを愛せない、その理由が…」
 「言えないなら、言わなくてもいい。人を好きになるのに、本当は理由なんかない」 男は、女の体温を感じ取れる距離に近付いていた。
 女は、男の体温が、全てを包んでくれそうな事を感じた。
 男の心は震えていた。
 女の背中も共鳴していた。
 二人の周りには、いつの間にか通火が集まっていた。
 二人を中心に、淡い緑の光線が、いくつも渦を巻いている。

 心に手綱はない。
 「君が、好きだったんだ」
 服が触れる。
 髪が触れる。
 肌が触れる。
 手が触れる。
 男は右に回り、女は右を向いた。
 ………
 言葉を紡ぐ所と、心を表す所が、そっと触れ合った。
 柔らかい肌が、二つの腕で、そっと、そっと締め付けられる。
 言えなかった心を絞りだすかのよう。
 女の右目は、虹色の瞳は、きらきらと輝いていた。
 男は目を閉じていた。柔らかくて暖かい感触と、風が運ぶ微かな嗅覚と、虫のささやく聴覚だけで、相手を感じ取っている。
 伝える言葉は、今はいらない。

 やがて、夜の草むらから、男と女の姿はなくなった。
 虫の声と通火の灯は、秋の訪れを辺りに知らせていた。

己の臆病さを恥じるな。
慎重さこそ汝の命を救うだろう。


ps.今回は激甘デス。初めて書いてみました。
1/3ほど実体験が混じってます(自爆)。
戻る
夢の終わり