紫の指輪

愛するものよ。
汝が死すとも、我が愛は永遠に変わらず。


ソリア。
僕は、君の美しさに虜になってしまった。
君が、僕にほほ笑んでくれた、その瞬間。
僕は、君の笑顔に、全てを縛られてしまったんだ。
そして、僕は決めた。
君に、君だけに、一生を捧げよう。

君は美しい。
でも、対照的に、僕は醜い姿だ。
しばらく待っていておくれ。
君の顔が見られなくなるのは、とても寂しい。
でも、今の僕では、君に合わす顔がないんだ。
だから、君にふさわしい、美しい姿になって、帰ってこよう。
誰が見ても、犬も羨むような容姿となって、再び君の前に姿をあらわそう。
だから、それまで、待っていておくれ。

あれから、星座は一回りした。
僕は、君が望むような容姿となって、帰っていける。
丸かった顔は、ひき締まった顎に。
背中や脇は、綺麗な逆三角形に。
たるんだ腹は、見事な腹筋に。
腕も、足も、前の数倍たくましく。
そして…両目は、君の美貌を良く写す銀色に。

僕は、見違える姿になって、君のもとに帰ってきた。
でも、ソリア。
君も、以前とは見違える程姿がかわってしまっていたね。
時間というものは、余りにも残酷だ。
あの時、僕が虜になってしまった君の姿は、そこにはなかった。
でも、心配はいらないよ。
僕が、君を一番美しかった時に戻してあげよう。
姿が美しくなれば、精神も美しくなって、幸せになれるんだ。
暖かい瞳。
長くのびた黄金の髪。
細いうなじ。
なだらかな肩。
優しい手。
しなやかな背中。
柔らかい胸の膨らみ。
滑らかな腰つき。
すらりとした足。
全て、君の永遠。
そして、僕の永遠。

なにも心配いらないよ。
君はそこに座っているだけでいい。
君はいつも、そこでほほ笑んでくれている。
それが、僕の命の糧なんだ。
そして、僕は、君が望むものを、何でもしてあげられる。
口づけが必要なら、僕の方から。
愛されたいのなら、愛してあげる。
欲しいものがあれば、僕が用意するよ。
たとえ他の誰が涙を流しても、君だけは笑っていてくれる。
たとえ他の誰が不幸になっても、君だけは幸せな姿のまま。
たとえ世界が滅ぼうとしても、僕が君を守り続ける。

ソリア。
君は僕の、永遠の恋人なのだから。

愛するものよ。
汝が死すとも、我が愛は永遠に変わらず。


BGM:SMAP「らいおんハート」
   TARAKO「愛しすぎてごめんネ」


戻る
夢の終わり